返済方法は?

不動産担保ローンも仕組みや金額が違うだけで、一般的なローンと基本的な部分は同じです。

金額はかなり大きくなりますが、借入金額に応じてかかる利息と返済元本の合計を月々返済していく仕組みです。

返済方法に関しては、ほとんどが申し込み時に指定した銀行口座からの引き落としになります。

この方が返済に関する手数料もかかりませんし、返済実績も通帳を見ればひと目で分かります。

余裕がある時には繰り上げ返済もできますが、この場合もほとんどは手数料がかかりませんので、返せる時に多めに返して利息を節約する事も可能です。

しかし何らかの事情があって返済日までに口座に入金できないこともあるでしょう。

こういう場合は窓口まで直接支払いに行くか、振込をすれば遅れた事にはなりませんが、金額が大きいので振込手数料がかかってしまいます。

ローン会社によっては店舗や窓口を持たない場合もあるので、振込しか方法がない場合もあります。

不動産担保ローンは金額が大きいため、どうしても長期返済となります。

返済プランを考えておくのも大切ですが、毎回振込をしていると手数料だけでもかなりの金額になりますし、余計な出費となってしまいます。

せっかく口座引き落としという手数料のかからない返済方法があるのですから、余裕を持って口座に入金しておきましょう。

遅れた場合は日を改めて再度引き落とししてくれる会社もありますので、返済方法なども細かく確認しておきましょう。

Comments are closed.