返済できなくなった場合の対処法

ローンと名がつく以上は借りたお金はきちんと返済します。

しかし何らかの事情があり、返済ができなくなる事もあるかもしれません。

通常は借入金額により決まった返済額を毎月決まった日に返済しますが、余裕がある時に繰り上げ返済する事もできます。

どんなローンでも返済計画を立てておくのは大切ですが、返済できなくなってしまった場合は、担保として預けている不動産の抵当権はローン会社にあるので、不動産を売却しその分を返済に充てます。

こうすれば借金は返済できますが、不動産を失います。

不動産担保ローンはカードローンのように利用する金額が大きくなる傾向があるので、返済できなくなった時のダメージはかなり大きくなります。

借り入れをする時には、返済できない場合の条件として不動産を売却する事に同意していますので、期日までに返済できない場合は不動産を手放す事になってしまいます。

そうならないように、事前に返済シミュレーションなどで返済計画を立て、ある程度余裕を持った返済ができるようにしておきましょう。

もしも住んでいる家や土地を担保にしていた場合は、きちんと返済できなければ家を失うばかりでなく、住むところにも困ってしまいます。

家以外の不動産を担保にしていた場合でも、価値が低くなっており売却しても借入れた金額に満たない場合は、不足分をさらに追加で請求されてしまいます。

不動産担保ローンを扱う業者の中には悪徳業者もいますので、きちんとした見極めも必要です。

◎参考リンク…【疑問点解決】不動産担保ローンの達人